住まいの片付け・処分に役立つ情報満載エコマグ
ロゴ

エコトラのロゴ

公開: 2023年06月25日

更新: 2024年03月17日

ピアノを処分する3つの方法と処分費用の相場は?搬出・運搬費用の相場も解説

記事のサムネイル画像
リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
投稿者アイコン
リサイクル専門家 北原 和彦
2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。
公式Webサイトへ

ピアノを処分するときは今回ご紹介する 3 つの処分方法で処分することになりますが、処分費用の相場についても知っておきましょう。

また、ピアノは大きくて重たい楽器なので、搬出や運搬にも費用がかかります。

こちらについても今回は費用相場を解説いたしますので、これからピアノの処分を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

処分したいピアノの種類を確認しておこう

一言でピアノと言っても種類があります。

種類によっては自治体の粗大ごみ収集を利用して処分できる場合もあるので、処分費用や処分方法の選択肢の幅が広がります。

そのため、まずは処分したいピアノの種類を確認しておきましょう。

アップライトピアノ

アップライトピアノとは、フレームや弦、鍵盤が上下に伸びるように作られているピアノのことで、後述するグランドピアノと比べると場所を取らず、重量も比較的軽いのが特徴です。

重量は 200〜250kg 程度で、搬出作業はご自身で行うのは大変ですが、グランドピアノと比べると処分費用が安くなります。

電子ピアノ

電子ピアノとは、音源部に電子回路を用いたピアノのことで、重量は 40〜80kg 程度と軽量です。

そのため、自治体によっては粗大ごみ収集で対応してくれるところもありますが、収集できるかどうかは自治体によって判断が異なるので事前に確認が必要です。

軽量なので、男性が 2 人いれば屋外に搬出することができます。

グランドピアノ

学校の音楽室にあるピアノをイメージするとわかりやすいですね。

一般的にピアノと言うと、グランドピアノのことを指します。

グランドピアノの重量は 250〜400kg 程度とピアノのなかで最も重く、搬出作業に人数が費用になるため処分費用が高額になります。

ピアノを処分するときの搬出・運搬費用の相場

ピアノをシンプルに処分するときは、運搬費用の他に搬出費用も必要になります。

一般的な相場では、搬出・運搬合わせて 50,000 円〜が相場になります。

ここからは運搬費用の相場と搬出費用の相場をご紹介いたします。

運搬費用の相場

移動距離グランドピアノアップライト
ピアノ
電子ピアノ
〜10km31,417円18,200円13,000円
〜20km33,800円20,150円14,300円
〜30km39,260円22,100円17,333円
〜40km39,867円23,400円17,555円
50〜79km49,400円27,950円22,100円
80〜99km61,100円34,450円27,300円
100〜120km67,340円37,700円31,525円

上記の運搬費用の相場は、ピアノを誰かに譲ることを想定して、あなたのご自宅から友人や知人などのご自宅までの料金相場です。

ピアノの運搬は引っ越し会社や専門の運搬業者に依頼することになります。

また不用品回収業者に依頼して処分する場合は、搬出から運搬・処分まで全て一貫して任せることができます。

搬出作業の相場

移動距離グランドピアノアップライト
ピアノ
電子ピアノ
階段利用(1階毎)5,000〜
9,000円
5,000〜
8,000円
2,500〜
8,000円
クレーン車利用10,000円〜10,000〜
25,000円
10,000円〜
手吊り10,000〜
25,000円
10,000〜
30,000円
10,000〜
30,000円
解体・組み立て30,000円〜30,000円〜不可

上記の表はピアノを購入したときに、ピアノを設置するときの費用相場です。

こちらを参考にすると、ピアノを搬出するときの費用相場もある程度わかるようになります。

しかし特殊な作業が必要になったときは、上記の費用に追加料金がかかる場合があります。

ピアノの処分方法と処分費用の相場

ピアノを処分するときは、一般的には買取査定に出して、買取不可になった場合に処分することを検討します。

ここからはピアノを処分する 3 つの方法について解説していきます。

楽器の買取専門店に売る

古いピアノを処分したいと思ったら、楽器の買取専門店に売るのがポピュラーな方法です。

ピアノの引き取りや処分だけを請け負っている楽器販売店のサービスは少ないので、まずは査定を受けるようにしてみましょう。

ピアノは 50 年前までのものであれば査定ができると言われていますが、ピアノの中に設置されている弦がさびていたり、緩んでいたり、あるいは弦を叩くハンマーがすり減っていると買取不可になる場合があります。

日頃から調律しているピアノで、外装も大きな傷や汚れが目立たないピアノであれば買取してもらえる可能性が高いです。

ピアノを買取してもらう場合は、楽器の買取専門店を選んだ方がいいでしょう。

楽器専門なので、専門知識があるスタッフが丁寧に査定してくれるので、適正価格で買取してくれます。

例えばヤマハのピアノ買取なら、アップライトピアノとグランドピアノの買取が可能。

対応メーカーはヤマハ製のみですが、運搬費用込みなので総額表記で査定してもらえるので安心です。

自治体の粗大ごみ収集を利用して処分

買取不可になったピアノをシンプルに処分する場合は、まずはお住まいの自治体がピアノを粗大ごみとして収集してくれるか調べてみましょう。

ピアノを粗大ごみとして収集してくれる自治体は少ないですが、例えば東京都練馬区であれば 2,000 円で足つきのピアノを収集してくれます。

ピアノは大きさの他の重量がある楽器なので、ほとんどの自治体では収集できません。

しかし自治体に問い合わせることで、ピアノの処分に対応している専門業者を紹介してくれる場合もあります。

不用品回収業者に依頼して処分

買取不可になったピアノを処分するもうひとつの方法が、不用品回収業者に依頼して処分する方法です。

不用品回収業者なら、2 階に設置されているピアノや、ドアや廊下を通れない場合などでも、解体や吊り下げ作業でピアノを搬出することができます。

気になる費用は、軽トラック満杯の不用品を処分して約 10,000 円〜が相場。

ピアノの場合は搬出や解体作業が伴うので、詳しい費用については見積もりを請求して、2〜3 社の不用品回収業者と料金やサービスを比較してみましょう。

その他にも、不用品回収業者を利用するメリットがあるので次の項目で詳しく解説していきます!

ピアノの処分を不用品回収業者に依頼するメリット

ピアノを不用品回収業者に依頼して処分すれば、自治体でピアノの粗大ごみ収集をしていない場合でも処分することができます。

では他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここからは不用品回収業者を利用してピアノを処分するメリットを 3 つご紹介いたします。

搬出や解体作業もお願いできる

ピアノは大きくて重量があるので、ご自身で運び出すことはほとんどのケースで難しいでしょう。

不用品回収業者なら複数のスタッフがピアノを搬出するので、大変な思いをしてご自身でピアノを搬出する必要がありません。

また、ドアや廊下を通れない場合や、2 階にピアノが設置されている場合など、必要に応じて解体作業や吊り下げ作業でピアノを搬出することができます。

幅広い不用品をまとめて処分できる

不用品回収業者では、ピアノの他に幅広い不用品を処分することができます。

家電製品や家具、日用品、バイク、自転車、農機具、その他楽器など幅広い不用品を処分できるので、引っ越しや大掃除などのときに便利。

また、自治体では収集することが難しいケースが多い、洗濯機やエアコンなどのリサイクルが必要な家電製品も対応可能です。

不用品回収業者の料金は不用品の個数ではなく容量で決まるので、まとめて不用品を処分したほうがお得に利用することができます。

買取サービスを利用できる

ほとんどの不用品回収業者が、不用品の買取サービスを実施しています。

ピアノはもちろん、その他楽器や家電製品、アンティーク家具、バイク、自転車など幅広い不用品の買取が可能。

買取金額は処分費用と相殺することができるので、お得にピアノなどを処分することができます。

ピアノの処分ならエコトラにお任せください!

粗大ごみ収集を利用できないことが多いピアノの処分は、どうしたらいいのか困ってしまう方が多いと思います。

自治体によって対応していた場合でも、搬出作業はご自身で行わないといけないので、実質処分できないということになります。

エコトラでは、ピアノの搬出やエアコンの取り外し・移設などもおまかせいただけます。

複数の業者に依頼するよりも低コストで搬出することができるので、ぜひ一度気軽にご相談ください。

また買取サービスも実施しており、弊社では過去にピアノを複数買取した実績がございます。

「このピアノは買取できる?」「これは処分できる?」など、ご質問があれば気軽にお電話、メール、LINE よりお問い合わせください。

まとめ

ピアノを処分するときは、楽器の買取専門店で査定を受けるのが一般的ですが、ピアノの状態次第では買取不可になってしまうことがあります。

買取不可になったピアノはご自身で処分する必要があるので、対応していれば自治体の粗大ごみ収集を利用することができますが、ほとんどの場合で不用品回収業者を利用して処分することになります。

不用品回収業者なら、ピアノだけではなく幅広い不用品の回収が可能。

搬出作業もおまかせできるので、手軽にピアノを処分することができます。

エコトラではピアノの搬出もおまかせいただける他に、買取サービスも実施しておりますので気軽にご相談ください!

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

不用品回収業者のイメージ画像

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!

大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!

年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!

休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。

事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!

わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。

運営責任者の写真
運営責任者上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談ください

お客様イメージ
お客様

料金相場や、対応可能か。ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

エコトラスタッフのイメージ
エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

visaのロゴ
masterのロゴ
jcbのロゴ
amexのロゴ
dinersのロゴ
paypayのロゴ

おすすめ記事

記事のサムネイル不用品回収

2023年04月06日

タブレットを処分する4つの方法とは?初期化の方法も解説

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

本や教科書を処分する方法を不用品回収業者が紹介します

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

パーティション(パーテーション)の処分方法と処分時の注意点

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

電子タバコや加熱式タバコを処分する方法・回収サービスは?

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

物置を処分する方法・業者に撤去を依頼するのがおすすめ

記事のサムネイル粗大ゴミ回収

2022年03月12日

ベッドを処分する方法は?搬出方法も解説!