エコトラマガジンロゴ

公開: 2023年9月20日

更新: 2024年3月17日

カーテンを処分する方法・可燃ごみまたは資源ごみとしてリサイクル

リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
和彦 リサイクル専門家 北原 和彦

2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。

公式Webサイト

カーテンは、布のほかナイロンや防炎素材でつくられますが、不要になった場合どうやって処分すればいいのでしょうか?この記事では、カーテンを処分する一般的な方法を紹介しています。一部のカーテンは、資源ごみとしてリサイクルすることも可能です。

カーテンを処分する方法

カーテンは、自治体の家庭ごみ収集で処分することが可能です。ただし、やはり多くの自治体が資源として再利用することを求めているので、自治体が推奨する方法で処分することをおすすめします。

可燃ごみの収集日に処分

冒頭でご紹介したように、カーテンは布、ナイロンなど、さまざまな素材でできています。しかし、ほとんどのカーテンは「可燃ごみ」、または同等の分別区分に指定されていることが多いので、これらの収集日にごみステーションに出して処分することが可能です。

カーテンのなかには「防炎」と記載のある製品もありますが、この防炎カーテンも可燃ごみの収集日に処分できます。

ただし、処分前に必ず自治体のホームページやパンフレットで分別区分と出し方を確認してください。

汚れがどうしても落ちないカーテンは、可燃ごみの収集日に処分するといいでしょう。

なお、指定ごみ袋に入らないごみは「粗大ごみ」としている自治体も多いので、丸めても袋からはみ出してしまうカーテンは、こうした自治体だと粗大ごみとして処分することになります。

布製カーテンは資源ごみで処分できることがある

布製のカーテンを、古着や古紙などとともに資源ごみとして回収している自治体もあります。自治体のホームページやパンフレットで確認してみてください。お住まいの自治体が回収しているようなら、あまり汚れていないカーテンは、処分前に一度洗濯してから資源ごみの収集日に出しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼

不用品回収業者を利用してカーテンを処分することも可能です。大掃除や引っ越し前など、ほかにも処分するアイテムがあるときに利用するといいでしょう。不用品回収業者のサービス料金はトラックの荷台スペースで決められていることが多いので、物量が少ないとコスパがよくありません。物量が多いと売却できる可能性があるアイテムも増えるので、結果的に処分費用を節約できることがあります。

カーテンを処分するときの注意点

カーテンを処分するときは、以下の点に注意してください。

付属品は取り除く

カーテンは、カーテンだけで処分してください。プラスチックや金属でできたカーテンフックは必ず取り除きます。

遮光カーテンの分別区分に注意

遮光カーテンを不燃ごみに分類している自治体もあるようです。カーテンを資源ごみに分類しているものの、遮光カーテンを資源ごみから除外している自治体もあるので、必ず確認してから処分してください。

まだきれいなカーテンは譲渡も検討

まだきれいなカーテンなら、家庭ごみや資源ごみとして処分するのではなく、売却して処分できる可能性があります。

売却するならアプリやネットオークションがおすすめ

まだまだきれいなので処分するにはもったいない!こんなカーテンならアプリやネットオークションを利用して売却することを考えてみましょう。利用者の多い「メルカリ」や「ヤフオク!」なら、多くの人の目に触れるのでニーズさえあれば売却できます。カーテンなら梱包も難しくありませんし、送料もそれほどかかりません。

単に譲渡するなら地方掲示板サイトがおすすめ

カーテンを単に譲渡するなら地方掲示板サイト「ジモティー」の利用がおすすめです。近くに住む人たちに絞って掲載できるので、譲渡相手が見つかりやすいというメリットがあります。

まとめ

カーテンを処分する方法をご紹介しました。カーテンを処分する際は、お住まいの自治体のホームページやごみ出しパンフレットを確認し、正しい方法で処分しましょう。不用品の処分を検討されている方は、エコトラまでご連絡ください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

エコトラトラック

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!
大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!
年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!
休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。
事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!
わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。
スタッフ
運営責任者
上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談下さい

お客様

お客様

料金相場や、対応可能か
ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

スタッフ

エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

VISAロゴマーク Masterロゴマーク jcbロゴマーク AMEXロゴマーク Dinersロゴマーク PayPayロゴマーク

おすすめ記事

ノートと鉛筆

不用品回収業者

エコトラおすすめ

される理由

メニュー
電話LINEメール

まずは無料お見積