エコトラマガジンロゴ

公開: 2023年9月18日

更新: 2024年3月17日

農機具を処分する方法を不用品回収業者が紹介します

リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
和彦 リサイクル専門家 北原 和彦

2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。

公式Webサイト

おじいちゃんが使っていた農機具が納屋に眠っているので処分したい。空き家にしている実家に何台も農機具が置かれたままになっているので処分したい。この記事では、このように農機具の処分を考えている人のために、農機具を適切に処分する方法を紹介しています。農機具は、正常に動くものなら中古のニーズも多いので、売却して処分することも可能です。

農機具を家庭ごみとして処分することは不可能

農機具の多くは、ガソリンや軽油などの燃料で動作します。自動車やオートバイのような移動用の乗り物ではありませんが、似たようなしくみで動作する機械です。この農機具、家庭に使われずに放置されていたとしても、自動車やオートバイ同様、家庭ごみとして処分することはできませんし、粗大ごみとして処分することもできません。

では、どうやってこの農機具を処分すればいいのでしょうか?

農機具を処分する方法

使っていない農機具は、以下の方法で処分することが可能です。

不用品回収業者を利用して処分

農機具は産業廃棄物ではなく事業ごみに該当します。そのため、産廃業者に回収を依頼する必要はないのですが、自治体も引き取ってくれないので、事業者の責任で処分する必要があります。

朽ち果てたようにボロボロになっている不動の農機具は、不用品回収業者に回収を依頼して処分するのがもっとも楽です。

お金はかかりますが、電話をした当日の回収や、夜間・休日の回収にも対応してくれます。

不用品回収業者の料金は、荷台を基準にして決められることが多いので、ほかの不用品を同時に処分すると、費用を節約できるのでおすすめです。

利用の際は、比較サイトなどで口コミをチェックしてから、業者のホームページを見て、農機具の回収事例があるかどうか確認しましょう。そのあと、実際に連絡をして業者の対応を確認。問題がなければ見積りを依頼しましょう。できれば事前にいくつかの業者に絞り込んでおき、それぞれに見積りを出してもらうと相場を把握できます。その後、最終的に作業内容と料金を比較し、もっともバランスがとれている業者に作業を依頼しましょう。

このように、業者選びはステップを踏んで行うことが大切です。ポストに入れられたチラシだけを見て業者を選ぶことは絶対に避けてください。

なお、不用品回収業者のなかには農機具を買い取っている業者もあります。

スクラップ業者に持ち込む

朽ち果ててボロボロになっている農機具を運搬できる人は、スクラップ業者に持ち込んで処分することも可能です。動かない農機具を、しかも自家用車の荷台に積み込まなければならないのはとても厄介ですが、鉄くずとしての価値はあるので、うまくいけばお金に換えられるかもしれません。

業者に買い取ってもらう

不動でも、多少の修理で動くような農機具なら、業者に買い取ってもらうことも可能です。もちろん、完璧に動作する農機具なら価格はともかく買い取ってもらうことは可能です。

農機具を買い取っている業者は多く、比較サイトも存在するのでかんたんに買取業者を探せます。中古の農機具は、脱サラして農業を始める人や本格的な趣味として家庭菜園をしている人に人気があるので、ちょっとでも「売れないかな?」と感じたら査定を依頼することをおすすめします。

POINT!
農機具のニーズは、日本からだけでなく海外からも多く、中古品の多くが海外へと渡っていきます。買取業者は販路をたくさん持っているので、不動の農機具でも買い取れるというわけです。

自分で売却相手を探す

完全に動作する農機具でも不動の農機具でも、ネットオークションやアプリを利用して売却相手を探すことは可能です。もちろん、動くに越したことはありませんが、動かなくても直せる、もしくはパーツとして価値があるのならニーズはあります。

出品リストの作成や質問対応も自分でやる必要があるなど手間はかかりますが、業者に売るよりも高く売れる可能性が高いことは、ネットで売却するメリットだといえます。

ただし送料が高額になることが多いため、これを考慮して勝算がある場合にのみ出品することをおすすめします。

農協に相談する

農協も農機具を買い取っています。しかし、農協の買取は、組合員に売却するための買取であり、買取業者のように部品として売るようなこともしないため、状態がよい農機具でなければ買い取ってもらえません。ある程度状態がよい農機具なら、選択肢として考えてもいいでしょう。

まとめ

農機具の処分方法をご紹介しました。朽ち果てた農機具を売却することは難しいかもしれませんが、世界中にニーズがある農機具は不動でも売却できる可能性があります。買取店や農協のほかに、不用品回収業者も農機具の買取をおこなっています。エコトラでも不用品回収の料金から値引きする形での買取サービスをおこなっているので、農機具を含むまとまった数の不用品を処分する予定がある人は、ぜひご相談ください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

エコトラトラック

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!
大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!
年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!
休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。
事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!
わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。
スタッフ
運営責任者
上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談下さい

お客様

お客様

料金相場や、対応可能か
ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

スタッフ

エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

VISAロゴマーク Masterロゴマーク jcbロゴマーク AMEXロゴマーク Dinersロゴマーク PayPayロゴマーク

おすすめ記事

ノートと鉛筆

不用品回収業者

エコトラおすすめ

される理由

メニュー
電話LINEメール

まずは無料お見積