住まいの片付け・処分に役立つ情報満載エコマグ
ロゴ

エコトラのロゴ

公開: 2023年09月18日

更新: 2024年03月17日

本や教科書を処分する方法を不用品回収業者が紹介します

記事のサムネイル画像
リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
投稿者アイコン
リサイクル専門家 北原 和彦
2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。
公式Webサイトへ

一般的な本や教科書は、そのほとんどが紙でできているので、自治体が指定する方法で処分することが可能です。この記事では本や教科書を処分するときに利用できる方法を紹介しています。

普通の本はともかく、教科書を処分する場合は要注意

教科書を処分する場合は注意するべきことがあります。

続けて使う教科書や資料がある

まず、学年が変わっても使う教科書があることに留意しましょう。こういった教科書、または資料を処分してしまうと、新たに購入する羽目になってしまいます。地図帳などの資料的要素が強いものは学年が変わっても使う可能性が高いので、よく確認しておきましょう。

個人情報に注意

教科書には学校名やクラス名、名前などの情報が書かれている可能性があるので、情報漏洩を防ぐことを考えて、個人情報が書かれていないかチェックして、書かれている場合は切り取るなどして対応してください。

本や教科書を処分する方法

本や教科書は、自治体が指定する方法のほかに、不用品回収業者を利用して処分することが可能です。

自治体が指定する方法で処分

ほとんどの自治体が、本や教科書を「資源ごみ」として回収しています。紙はリサイクルできますから、資源ごみの収集日に処分することをおすすめします。

資源ごみはリサイクルされるため、たとえばステープラーの針など紙以外のものが使われている場合は、自治体のルールを確認して、必要であれば外してから出してください。プラ系のシールや写真シールなども取り除く必要があります。

汚れやシールなどが取り除けない場合は可燃ごみ

汚れている本はリサイクルできないため、汚れが激しい、または貼り付けられたシールなどがはがせない場合は、「可燃ごみ」など自治体が指定しているごみの収集日に処分してください。

不用品回収業者を利用して処分

本や教科書を大量に処分する必要がある場合は不用品回収業者の利用がおすすめです。自治体の資源回収は、収集日が少ないうえ、荒天により収集が中止になることがあるなど、やや利用しにくさがあることは否定できません。また、一度に大量に出すことは難しいという欠点もあります。

不用品回収業者を利用すれば、これらは問題になりません。処分費用はかかりますが、分別の必要もなく、迅速に本や教科書を処分することが可能です。

本は売れるけれども教科書はまず売れない

古本を買い取っているお店は全国にあるので、買取額はともかく、本が売れることは皆様ご存じだと思います。しかし、教科書はまず売れません。数年に1回は改訂されますし、教育指導要領が変更されるとやはり内容は変わってしまいます。そのため、需要自体発生しにくいのです。

このような事情があるので教科書はまず売れませんし、誰かに譲って使ってもらうことも困難です。

教科書の類いで需要があるのは、大学で使用するような専門書ぐらいだと考えておきましょう。

本の買取価格は安いけれど

日本には古くから営業している古本屋さんもあれば、フランチャイズの買取専門店もあるので、こういうお店に本を持ち込めばすぐに査定してくれます。ただし、一般に流通している本は、状態がよかったとしても高く評価されることはありません。シリーズ全巻がそろっているなど、一定の価値がないと評価されないのは、元々の値段が安いこともありしかたないことでしょう。

まとめ

本や教科書を処分する方法をご紹介しました。本や教科書は「資源ごみ」として処分するのが一般的です。ただ、分別の方法や出し方は自治体によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

本や教科書を大量に処分する場合は不用品回収業者の利用が便利です。エコトラでも回収しておりますので、大量の本の処分に困っている人はぜひご相談ください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

不用品回収業者のイメージ画像

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!

大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!

年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!

休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。

事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!

わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。

運営責任者の写真
運営責任者上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談ください

お客様イメージ
お客様

料金相場や、対応可能か。ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

エコトラスタッフのイメージ
エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

visaのロゴ
masterのロゴ
jcbのロゴ
amexのロゴ
dinersのロゴ
paypayのロゴ

おすすめ記事

記事のサムネイル不用品回収

2023年04月06日

タブレットを処分する4つの方法とは?初期化の方法も解説

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

正月飾りやしめ飾りの正しい処分方法・どんど焼きやお焚き上げが一般的

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

パーティション(パーテーション)の処分方法と処分時の注意点

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

電子タバコや加熱式タバコを処分する方法・回収サービスは?

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

物置を処分する方法・業者に撤去を依頼するのがおすすめ

記事のサムネイル粗大ゴミ回収

2022年03月12日

ベッドを処分する方法は?搬出方法も解説!