エコトラマガジンロゴ

公開: 2023年9月20日

更新: 2024年3月17日

工具、電動工具の処分方法を不用品回収業者が紹介します

リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
和彦 リサイクル専門家 北原 和彦

2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。

公式Webサイト

DIYを好む人が増えるにともない、高級な工具や電動工具を所有する人も増えてきています。こういう人たちが増えてくると、工具を買い替えたり処分したりという需要も増えてきます。そこでこの記事では、工具や電動工具を処分する方法を紹介することにしました。これらはただ廃棄処分するだけでなく、譲渡して処分することも可能です。

電動工具はプロだけのものではない!

その昔は一部のプロたちだけのものであった電動工具や高級工具。今はホームセンターに行けば、DIY向けのさまざまな工具を目にすることができて、価格帯もさまざま。初心者から腕に覚えのあるベテランまでが満足できる製品がそろっています。

このように、かんたんにさまざまな工具にアクセスできるようになると、ついつい買ってしまいたくなるのが人の常というものです。しかし、そういう工具の多くが使われずに工具箱の中に眠ってしまう…こういうことも往々にしてあります。

ちょっと脱線してしまいましたね。

とにかく、工具類が身近になったことで、古くなったり、ただ単に使わなくなったりした工具が各家庭にあることは確かだと思います。そんな工具たちは、買い替えやリユースも含めて適切な方法で処分することをおすすめします。

工具、電動工具を処分する方法

工具や電動工具は、自治体のごみ収集サービスを通じて廃棄処分することができるほか、民間業者に収集と処分を依頼したり、売却して処分したりすることが可能です。

自治体のごみ収集サービスで処分

不要になった工具、電動工具は、自治体がおこなっている家庭ごみの収集サービスを通じて処分することが可能です。

多くの自治体が、工具類を「不燃ごみ」としてごみステーションから収集しています。大きさによっては「粗大ごみ」に指定している自治体もあります。いずれにしても、お住まいの自治体のごみ出しパンフレットなどで分別種と出し方を確認しておくことが重要です。

なお、広島市は工具類を「不燃ごみ」として月2回収集しています。一辺の長さが30cmを超える場合は有料収集の「大型ごみ(粗大ごみ)」です。市の受付窓口に連絡をして戸別収集を依頼します。

自治体のごみ処理施設に持ち込む

不要になった工具類を自治体のごみ処理施設に持ち込んで処分することも可能です。分別種により持ち込む施設が異なることが多いので、事前に確認してから持ち込みましょう。

不用品回収業者に収集と処分を依頼する

地域の一般家庭を対象に、家の整理や不用品の回収をおこなっている不用品回収業者。この不用品回収業者に工具や電動工具の収集と処分を依頼することが可能です。

できれば工具だけ出すのではなく、そのほかの不用品といっしょに出したほうがいいでしょう。処分費用を節約できます。

不用品回収業者は中古品としてリユースできるものを買い取っています。そのため、工具類も買い取ってくれる可能性があります。査定額はそのまま処分費用から値引きする形になるので、さらに処分費用を節約できるでしょう。

買取店に査定してもらう

工具を専門に買い取っているお店や、リサイクルショップなどの買取店に査定を依頼して売却する方法です。傷みや汚れの激しいものを売却することは困難ですが、比較的新しいものなら、少なくとも査定はしてくれるはずです。

ただし、このようなお店は買い取れない工具を引き取ることはないので、そうなった場合はほかの方法で処分する必要があります。

ネットオークションや個人売買アプリで売却

ネットオークションや個人売買アプリを利用して工具や電動工具を売却処分することも可能です。写真撮影から商品説明の作成、質問対応や梱包、発送まですべてをやらなければなりませんが、この方法には買取店が見向きもしないものでもニーズがあれば売却できるという長所があります。また、買取店に売却するよりも一般的に高く売却できることも魅力です。

ただ、長く出品しても落札者が現れないようなら、あきらめてほかの方法で処分することを考えましょう。

無償譲渡する

お金はいらないけれど、もったいないので誰かに使ってほしい。こういう場合は地域掲示板サイトやフリーペーパーなどに掲載して無償譲渡することを考えましょう。多くの自治体と提携してリサイクルやリユースを推進している「ジモティー」は、閲覧者も多くおすすめです。

電動工具を廃棄処分するときはバッテリーに注意

電動工具にはバッテリーが使われている製品があります。このような製品を処分する場合は、工具の本体を自治体が指定する方法で処分し、バッテリーだけ家電量販店などに設置されている回収ボックスに投入して処分します。

なお、不用品回収業者に収集を依頼する場合は、バッテリーがいっしょでも問題ありません。

まとめ

電動工具はニーズが多いため、状態がよければ売却して処分することが可能です。エコトラでも工具類を査定できるので、大掃除や断捨離、生前整理などを予定している人は、そのタイミングで利用を検討してみてください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

エコトラトラック

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!
大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!
年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!
休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。
事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!
わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。
スタッフ
運営責任者
上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談下さい

お客様

お客様

料金相場や、対応可能か
ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

スタッフ

エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

VISAロゴマーク Masterロゴマーク jcbロゴマーク AMEXロゴマーク Dinersロゴマーク PayPayロゴマーク

おすすめ記事

ノートと鉛筆

不用品回収業者

エコトラおすすめ

される理由

メニュー
電話LINEメール

まずは無料お見積