住まいの片付け・処分に役立つ情報満載エコマグ
ロゴ

エコトラのロゴ

公開: 2022年12月05日

更新: 2024年03月16日

布団を処分する5つの方法と処分費用

記事のサムネイル画像
リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
投稿者アイコン
リサイクル専門家 北原 和彦
2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。
公式Webサイトへ

「最近、布団がへたってきた」「暖かくない」「においが気になるようになってきた」など、このような布団の症状が出てきたら、そろそろ買い換え時です。

布団を買い換えるときに困るのが、古い布団の処分方法ですが、どのようにして処分すればいいのでしょうか?

今回は、布団の処分方法5つと、それぞれの処分方法にかかる処分費用について解説していきます。

布団の処分方法5選とそれぞれの処分費用

布団を処分する方法は5つありますが、それぞれの処分方法ごとに処分費用が異なります。

ここからは、布団を処分したい方へ処分方法と処分費用について解説していきます。

自治体のごみ収集を利用して処分する

もっとも安い費用で布団を処分する方法が、自治体の可燃ごみや普通ごみ、一般ごみとして処分することです。

裁縫ハサミや大きいカッターなどを使って、布団や毛布を約30cm四方に細かく切って、45ℓのごみ袋に入れて処分することで、ごみ袋代のみの費用で布団を処分することができます。

しかしこの方法は、布団を細かく切るときに、部屋に綿が散らばる可能性が高いので、掃除が大変というデメリットがあります。

また、圧縮袋に布団を入れて圧縮することで小さくすることができますが、自治体によってはこの処分方法を認めていないところがあるので、事前に確認したほうがいいでしょう。

自治体の粗大ごみ収集を利用して処分する

自治体の粗大ごみ収集を利用することで、布団1点につき約500円程度の費用で処分することができます。

直接ごみ処理施設に持ち込めば、「収集運搬費用」がかからないので、もっと安く布団を処分することも可能。

自治体の粗大ごみ収集では、布団に限らずすべての粗大ごみで玄関先まで出さなければならないというデメリットがあります。また、粗大ごみ収集を利用する際は事前に申し込みが必要で、1週間〜1か月程度待たなければならない他に、コンビニなどでごみ処理券の事前購入が必要です。特に敷き布団は重たいので、女性や高齢者の方の場合は、後述する不用品回収業者に依頼して処分する方法がおすすめです。

布団の買い換え時に引き取ってもらう

寝具専門店や大型販売店では、新しい布団を購入した際に古い布団の引き取りサービスを実施していることがあります。

引き取りサービスを実施している店舗によって、引き取り時の条件を定めている場合があります。

例えば、「布団1点購入につき古い布団1点引き取り」「購入金額の合計が一定額以上で引き取り」などです。

また、引き取り方法も宅配引き取りや、直接引き取りなど異なります。販売店によって条件や引き取り方法が異なるので、購入時に店頭で相談してみましょう。

リサイクルショップなどで売る

布団や毛布など寝具は、中古品は買取不可となることが多いですが、新品の布団であれば売ることができます。

ここで言う新品の布団とは、購入時の箱やビニールに包まれた状態の布団のことで、買ったものの使っていない布団のことを言います。

布団を売って処分する際は、リサイクルショップの他に寝具専門買取店を利用するといいでしょう。

また、フリマアプリを通じて布団を売ることもできますが、フリマアプリは個人間取引になるので、「届いた布団にニオイがついていた」「ダニがひどい」などのクレームからトラブルに発展する可能性が高いです。

不用品回収業者を利用して処分する

「すぐに布団を処分したい」「他の不用品とまとめて布団を処分したい」というケースであれば、不用品回収業者に依頼して布団を処分する方法がおすすめです。

不用品回収業者を利用する料金は、業者によって異なるので一概に言い切れませんが、数千円〜というケースが多く、ここに「車両費」や「2階以上料金」などが加算されます。

不用品回収業者によっては、スケジュールに空きがあれば即日対応してくれることも多く、また布団1点から回収に来てくれます。

布団の処分を不用品回収業者に依頼する3つのメリット

  • 早く布団を処分したい
  • 運び出しからすべておまかせしたい
  • 他の不用品も処分したい
  • 買取してほしいなど

このような方は、不用品回収業者を利用して布団を処分する方法がおすすめです。

ここからは、不用品回収業者を利用して布団を処分する3つのメリットについて解説していきます。

希望の日時に布団を処分できる

自治体の粗大ごみ収集では、安く布団を処分できるかわりに、自治体が指定した日時まで処分するのを待たなければならないというデメリットがあります。

不用品回収業者であれば、予約の空き状況やエリアに応じて即日対応が可能。

また、即日対応ができない場合は、あなたの希望日時を配慮して回収に来てくれます。

不用品回収業者によっては、早朝・深夜・祝日にも対応しているので、ストレスなく布団を処分することが可能です。

他の不用品も回収してくれる

不用品回収業者は布団1点のみでももちろん回収に来てくれますが、まとめて不用品を処分したいというときのその利便性が本領を発揮します。

例え重たい家具や家電であっても、スタッフが設置場所まで伺い、運び出しからトラックへの積み込み、そして処分まで一貫して対応するのが最大のメリット。

また、不用品回収業者によっては定額で利用できる「積み放題プラン」を用意していることも増えてきているので、お得に不用品を処分することができます。

買取サービスを利用できる

布団の他に、まとめて不用品を処分する際は、不用品回収業者の買取サービスを利用することで、処分費用と買取金額を相殺して、お得に不用品を処分できます。

不用品回収業者で買取できるものは幅広く、骨董(こっとう)品や美術品、貴金属、宝石、ブランド品から、家電、アンティーク家具、バイク、自転車などがあります。

不用品回収業者の買取サービスを利用する際は、見積もり時に相談しておくようにしましょう。

布団の処分なら「エコトラ」におまかせください

エコトラなら、不用品や作業難地で他社さんに断られたケースでも対応できる場合があります。

「布団と一緒に他の不用品も処分したい」「早く布団を処分してほしい」という場合は、ぜひエコトラにご相談ください。

ここからは、エコトラの特徴について4つご紹介いたします。

用途に応じて選べる料金プランをご用意しております

エコトラでは、事前に料金をご提示させていただき、お客様にご納得いただいてから作業いたします。

もしご納得いただけなかった際は、お断りいただいても構いません。

また、搬出困難、処理困難、リサイクル家電などの場合は、上記料金に別途費用が必要になる場合がございます。

年中無休で対応いたします

エコトラは年中無休、土日祝日も不用品の回収に対応しております。

お時間の指定も可能ですので、ご都合の良い日時をお聞かせください。

月末と3〜4月の繁忙期はご希望に沿えない場合もございますので、希望日が決まっている場合はお早めのご相談をおすすめしております。

作業難地や配慮が必要なお品もご相談ください

エコトラでは、エアコンの取り外しや移設、ピアノの搬出も一貫しておまかせいただけます。

また、仏壇やひな人形など配慮が必要なお品は、提携している寺院にて丁寧に供養をいたします。

「道が狭くてトラックが入れるかわからない」「階段が多い」などの作業難地の場合も、気軽にご相談ください。

その他オプションサービスもご相談ください

エコトラでは、不用品の回収以外に以下のサービスを実施しております。

  • 空き家・実家の片付け
  • ゴミ屋敷の片付け・汚部屋清掃
  • 遺品整理
  • 生前整理・断捨離支援
  • 解体工事
  • ハウスクリーニング
  • 女性専用お片付け
  • 法人・店舗向け回収
  • 引っ越し・回収
  • 不用品買取

「布団の回収と一緒にハウスクリーニングをお願いしたい」「買取してほしい」など、ご要望がありましたら気軽にご相談ください。

まとめ

布団を処分する方法として5つの処分方法がありますが、それぞれの処分方法によって費用が異なります。

自治体の粗大ごみ収集は安く利用できるので手軽ですが、処分日まで待たなければならないというデメリットがあります。

「早く布団を処分したい」「まとめて不用品を処分したい」という方は、不用品回収業者がおすすめです。

エコトラの場合、年中無休で対応しておりますので、お客様の希望日に応じて布団の回収が可能です。

また、作業難地、作業困難など、他社さんに断られてしまったケースも気軽にエコトラにご相談ください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

不用品回収業者のイメージ画像

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!

大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!

年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!

休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。

事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!

わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。

運営責任者の写真
運営責任者上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談ください

お客様イメージ
お客様

料金相場や、対応可能か。ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

エコトラスタッフのイメージ
エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

visaのロゴ
masterのロゴ
jcbのロゴ
amexのロゴ
dinersのロゴ
paypayのロゴ

おすすめ記事

記事のサムネイル不用品回収

2023年04月06日

タブレットを処分する4つの方法とは?初期化の方法も解説

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

本や教科書を処分する方法を不用品回収業者が紹介します

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

パーティション(パーテーション)の処分方法と処分時の注意点

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

電子タバコや加熱式タバコを処分する方法・回収サービスは?

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

物置を処分する方法・業者に撤去を依頼するのがおすすめ

記事のサムネイル粗大ゴミ回収

2022年03月12日

ベッドを処分する方法は?搬出方法も解説!