エコトラマガジンロゴ

公開: 2023年3月5日

更新: 2023年8月21日

出雲市でベッドやマットレスを処分する方法をわかりやすく解説

リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
北原リサイクル専門家北原 和彦

2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。

出雲市でベッドのフレームやベッド用のマットレスを処分する方法を、リユースとリサイクルの専門業者である「エコトラ」が解説します。多くの自治体ではこれらを粗大ごみとして処分することが可能ですが、出雲市にお住まいの方がこれらを処分する場合は、やや注意する必要があります。

出雲市ではベッドフレームは粗大ごみとして処分

出雲市は、ベッド(ベッドフレーム)を粗大ごみに分類しています。そのため、出雲市にお住まいの方は、市の収集サービスを利用してベッドを処分することが可能です。

出雲市はスプリング入りのベッドマットレスを収集しません

待てと手をかざす作業員

一方、スプリング入りのベッドマットレスについては扱いが異なります。出雲市は、スプリング入りのマットレスを収集しません。ほとんどのベッド用マットレスはスプリング入りです。スプリングマットレスは、国が指定する適正処理困難物で、収集している自治体もあれば、収集していない自治体もあり、出雲市は後者にあたります。そのため、出雲市にお住まいの方は、市の収集サービスを利用してスプリングマットレスを処分することはできません。

出雲市でベッドフレームを処分するには?

出雲市では、ベッドフレームは粗大ごみなので、市や民間のサービスを利用して処分することが可能です。

出雲市に収集を依頼する

出雲市の粗大ごみ収集サービスは予約制です。地域ごとに粗大ごみの収集日(月1回)は決まっているのですが、予約をしなければ収集に来てくれません。

収集の予約は、出雲市の環境施設課に電話で行います。収集日の前日の正午が予約申込の締め切りです。必要事項を伝えると、収集日や収集場所の確認が行われます。

確認が終わったら、スーパーやホームセンターなどの販売店にて、1047円の粗大ごみ収集券を購入します。粗大ごみ収集券は、ごみ1個につき1枚必要です。購入した粗大ごみ収集券は、ベッドフレームに貼り付けておきます。収集日が来たら、8時30分までに指定の場所までベッドフレームを搬出してください。

なお、粗大ごみの大きさは、2m×1.2m×1m、重さは50kg、1回に出せる個数は1世帯4個までに制限されています。

出雲市のごみ処理施設に自己搬入する

ベッドフレームは、出雲市のごみ処理施設に自己搬入して処分することも可能です。運搬のための車は必要ですが、手数料は10kgあたり52円しかかからないので、最安の処分方法です。予約の必要はなく、受付時間内に搬入するだけで処分できます。

出雲クリーンプラザ(出雲・多伎・湖陵・大社地域限定)
住所:出雲市西神西町1732-3
電話:0853-43-3741
平田不燃物処理センター(平田地域限定)
住所:出雲市十六島町1485番地2
電話:0853-66-0805
佐田クリーンセンター(佐田地域限定)
住所:出雲市佐田町大呂2865番地1
電話:0853-84-0129
斐川クリーンステーション(斐川地域限定)
住所:出雲市斐川町学頭3215番地
電話:0853-72-1113

不用品回収業者に収集を依頼する

一般家庭の廃棄物の収集に関するサービスを幅広く提供している不用品回収業者を利用して、ベッドのフレームを処分することも可能です。出雲市の粗大ごみ収集サービスは、ご紹介したように制限が多く、利用しにくいこともあるのですが、不用品回収業者はフレキシブルに動けるので、出雲市民の皆様にも利用しやすいはずです。

自分で運ばなくてもいい

出雲市のサービスを利用する場合は、距離の長短はともかくとして、自分で重量のある大きなベッドを運ぶ必要があります。不用品回収業者を利用する場合は、その必要はありません。運搬や積み込み作業は、すべて業者側で行います。

収集日時の指定や即日の処分が可能

出雲市にベッドのフレームの収集を依頼する場合、地域ごとに収集日が決まっているため、収集日時を指定することはできません。何らかの事情で速やかにベッドを処分しなくてはならなくなっても、出雲市のサービスでは対応できません。不用品回収業者なら、夕方以降の時間帯を指定したり、急いでいる方は当日に収集を依頼したりすることも可能です。

売却できる可能性がある

不用品回収業者は、セカンドハンドファニチャーとしてニーズがある家具を買い取っています。どの業者も査定基準があるため、あくまで「可能性がある」としか言えませんが、有名な家具ブランドの製品なら、高値で売却できる可能性もあります。

粗大ごみ以外の不用品をまとめて処分できる

出雲市の粗大ごみ収集サービスでは、1回につき4個の「粗大ごみに該当するごみ」を出せます。これは言い換えれば、粗大ごみ以外の物をいっしょに出すことはできないということです。不用品回収業者を利用する場合は、分別区分の違うごみも、ベッドといっしょに出すことができます。

出雲市でスプリング入りのベッドマットレスを処分するには?

マットレスアップ

それでは、出雲市が収集しないスプリング入りのベッドマットレスは、どうやって処分すればいいのでしょうか?

解体できる場合は粗大ごみと燃えるごみに分けて処分

スプリング入りのベッドマットレスを解体できる場合は、スプリングのパーツを粗大ごみとして、マットレス部分を燃えるごみとして出せます。粗大ごみとして出す際の手順はベッドと同様です。マットレスは燃えるごみの収集日に集積場に出してください。

そのまま出す場合は不用品回収業者

解体が難しいスプリング入りのマットレスは、不用品回収業者に収集を依頼して処分することが可能です。なかなかかんたんに解体できるマットレスはないので、最初から不用品回収業者に依頼したほうがいいでしょう。

買い替えなら家具店の引取サービスの利用も検討

ベッドもベッド用のマットレスも、買い替えを機に処分するのであれば、引取サービスを実施している家具店で新しい製品を購入すると、これまで使っていたベッドやマットレスを安価な手数料だけで処分できます。「ニトリ」や「無印良品」がこのようなサービスを実施しているので、まだお目当ての製品が決まっていない方は利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

トラックでガッツポーズ

出雲市では、ベッド用のフレームは粗大ごみとして処分できますが、スプリング入りのベッドマットレスを処分する場合は、解体するか不用品回収業者に収集を依頼する必要があります。出雲市でベッドやマットレスの処分にお困りの方は、エコトラまでご相談ください。

おすすめ記事

見積り下見だけでもOK
お気軽にご相談ください

お客様

お客様

料金相場や、対応可能か
ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

スタッフ

エコトラ
島根

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にエコトラ島根までお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

いつでもご利用いただけます
VISAロゴマーク Masterロゴマーク PayPayロゴマーク
事前のお申し出が必要です
jcbロゴマーク AMEXロゴマーク Dinersロゴマーク Discoverロゴマーク ApplePayロゴマーク iDロゴマーク QuickPayロゴマーク
LINE Payロゴマーク d払いロゴマーク au PAYロゴマーク
ノートと鉛筆

不用品回収業者

エコトラおすすめ

される理由

メニュー
電話LINEメール

まずは無料お見積