住まいの片付け・処分に役立つ情報満載エコマグ
ロゴ

エコトラのロゴ

公開: 2023年02月06日

更新: 2024年03月16日

カラーボックスの処分の仕方4選|解体すれば無料で処分できる?

記事のサムネイル画像
リサイクル専門家 執筆記事
リサイクル専門家とは、研究者だけでなく廃棄物の適正処理、有価物の買取・販売など、リサイクル業界で実務に携わる従事者も含みます。
投稿者アイコン
リサイクル専門家 北原 和彦
2006年より産業廃棄物処理業者で廃棄物の適正処理に従事。2018年よりエコトラ店長。不用品回収業者の視点で「物品の処分」や「片付けのコツ」などを発信。
公式Webサイトへ

手頃な価格で簡単に組み立てできる家具として人気のカラーボックスは、さまざまなデザインやサイズで多くの販売店で購入することができます。

しかしカラーボックスは手軽な反面、カビが生えやすく、処分を検討するようになることも少なくありません。

この際に困るのが、カラーボックスの処分の仕方です。

先に結論を言うと、解体すれば無料で処分できる場合もありますが、そのままの状態でカラーボックスを処分する場合は処分費用がかかります。

今回は、カラーボックスの処分の仕方4つと、それぞれでかかる処分費用の目安を解説していきます。

カラーボックスを解体すれば無料で処分できる?

カラーボックスをそのまま解体せずに処分すると、多くの自治体では粗大ごみ扱いになるので処分費用がかかります。

大きなカラーボックスを解体するのは大変ですが、一般的な3段程度のカラーボックスであれば、ご自身で解体して可燃ごみや資源ごみ、粗ごみとして処分することができます。

ここからは、自治体のごみ収集ルールの一例と、カラーボックスの解体方法について解説していきます。

自治体のルールによっては無料で処分できる

カラーボックスを解体することで、自治体の可燃ごみや資源ごみ、粗ごみとして無料で処分することができます。

自治体によってごみの種類ごとに、最大辺の大きさについて条件が定められているので事前に確認するようにしましょう。

例えば東京都世田谷区の場合では、最大辺と次に長い辺の合計が140cm以下でも、カラーボックスの場合は粗大ごみ扱いになってしまいますが、大阪府枚方市の場合は1辺が1mを超えなければ粗ごみとして無料で処分することができます。

しかし解体するとごみの個数が増えるので、複数回に分けてごみに出すようにしましょう。

カラーボックスを解体するのに手間がかかりますが、無料あるいは指定ごみ袋の料金だけで処分できればとても手軽ですね。

カラーボックスの解体方法

  • ボルトやネジをすべて外す
  • 接着剤などで固定している箇所はハンマーで叩いて解体する
  • 大きな木材はのこぎりで切断する
  • 各自治体のルールに従って処分する

カラーボックスは組み立て家具なので、ドライバーやゴムハンマー、のこぎりの3つの工具があれば簡単に解体することができます。しかし解体する際は大きな音が出るので、近隣への迷惑にならないように日中に作業するようにしましょう。また、解体する際に床や壁を傷つけてしまう可能性があるので、できるだけ屋外で解体作業をするようにして、屋内で解体する際はブルーシートや毛布などで養生してから作業するようにすると安心です。

カラーボックスの処分の仕方4選と処分費用

カラーボックスを解体せずに処分する場合は、処分費用がかかることがほとんどです。

処分方法に応じて処分費用だけではなく、処分にかかる手間や時間を比較しながら、あなたに合った処分方法を検討してみましょう。

ここからはカラーボックスを処分の仕方4つと、それぞれでかかる処分費用の目安を解説していきます。

自治体の粗大ごみ収集を利用する

自治体の粗大ごみ収集を利用してカラーボックスを処分する際の費用は、おおむね300〜500円程度です。

粗大ごみ収集を利用する場合、多くの自治体では事前予約制になっているので、自治体が定める期限までに申し込みをするようにしましょう。

また自治体によっては1か月あたりに利用できる回数や、1回あたりに出せる粗大ごみの個数に制限がある場合があるので、こちらも確認しておきましょう。

また、1辺が180cmを超える大型のカラーボックスは、自治体の粗大ごみ収集に出すことができない場合が多いので、ご自身である程度解体してから粗大ごみに出すか、違う処分方法で処分します。

最後に、自治体の粗大ごみ収集で実際にごみが回収されるまでに約1週間〜1か月程度期間が必要になるので、引っ越しや大掃除・模様替えなどのタイミングで処分したい方は、余裕をもって申し込みをする必要があります。

引っ越し業者の不用品処分サービスを利用する

引っ越しをするタイミングでカラーボックスを処分したい場合は、引っ越し業者の不用品処分サービスを利用することができます。

引っ越し業者によっては、不用品処分サービスを実施していないケースもあるので事前に確認する必要があります。

引っ越し業者の不用品処分サービスを利用した際の処分費用は、自治体の粗大ごみ収集費用を利用した際の費用と、後述する不用品回収業者を利用した際の費用の中間くらいの処分費用になります。

引っ越し業者によって料金設定が異なるので一概に処分費用を言い切れませんが、数点の不用品を処分したいのであれば引っ越し業者の不用品処分サービスを利用するのもいいですね。

しかし引っ越し業者によっては対応していない品目もあるので、事前にカラーボックスを処分できるのか確認しておきましょう。

地域の掲示板サイトで譲り先を探す

地域を設定して投稿できる掲示板サイトを利用することで、自宅まで引き取りに来てくれる人限定でカラーボックスの譲り先を探すことができます。

利用料が無料なので気軽に利用することができますが、住所や電話番号などの個人情報を直接相手に伝える必要がある他に、指定した日時に取りに来ない可能性があるというリスクがあります。

また地域限定で無料配布される地域紙に掲載して、譲り先を探すこともできます。

地域紙の場合は掲載料がかかる場合がありますが、近隣の人に広く譲り先を募集することができます。

3〜4月の新生活シーズンであれば、キレイな状態のカラーボックスは需要が高くなるので、喜んで引き取ってくれるかもしれませんね。

不用品回収業者に依頼する

「早くカラーボックスを処分したい」「他の不用品もまとめて処分したい」という方は、不用品回収業者に依頼してカラーボックスを処分する方法がおすすめです。

不用品回収業者の料金は容量で決まるので、軽トラック満杯の不用品を処分して10000円〜で利用することができます。

そのためカラーボックス1点だけの場合は損をしてしまう可能性がありますが、確実に処分できるのでおすすめ。

この他にも不用品回収業者を利用してカラーボックスを処分するメリットが多いので、次の項目で詳しく解説していきます。

不用品回収業者にカラーボックスの処分を依頼するメリット

スムーズに手間や時間をかけずにカラーボックスを処分したい場合は、不用品回収業者 に依頼して処分する方法がおすすめです。

ここからは、不用品回収業者に依頼してカラーボックスを処分する3つのメリットについて解説していきます。

あなたの都合に合わせて回収に来てくれる

不用品回収業者に依頼することで、あなたの都合に合わせて回収に来てくれるのが大きなメリット。

不用品回収業者とあなたとの都合が合えば、最短で当日中にカラーボックスを処分することができます。

また、早朝や深夜、土・日・祝日やお盆、年末年始などの大型連休にも回収に来てくれるのでストレスフリー。

プライベートや仕事とのスケジュールが合わせやすいので、都合良くカラーボックスを処分できます。

幅広い不用品をまとめて処分できる

不用品回収業者は不用品回収のプロなので、幅広い品目の不用品をまとめて処分することができます。

前述したように、不用品回収業者の料金は容量で決まるので、まとめて不用品を処分した方がお得。

カラーボックスと一緒に、家具や家電製品、バイク、自転車などの幅広い不用品を処分してみましょう。

また、自治体では回収できないことが多いリサイクル家電やバッテリー製品の処分にも対応しています。

買取サービスを利用できる

多くの不用品回収業者では、不用品の買取サービスを実施しています。

アンティーク家具や家電製品、バイク、自転車、骨董(こっとう)品美術品、貴金属、宝石、ブランド品など幅広い不用品を買取してくれるので、処分費用と相殺してお得にカラーボックスを処分できます。

買取サービスを利用する際は、事前に相談しておくとおおまかな査定金額を教えてくれる場合もあります。

カラーボックスの処分ならエコトラにおまかせください!

エコトラは、カラーボックス1点から一軒家まるごとのお片付けまでサポートさせていただいている不用品回収業者です。

  • 引っ越しや模様替え、大掃除のタイミングでカラーボックスを処分したい
  • カラーボックス以外の不用品も処分したい
  • 買取してほしいなど

幅広いニーズにお応えできるので、気軽にご相談いただければ幸いです。

作業前にサービスや料金についてご提案させていただきますので、もしご満足いただけなければお断りいただいても構いません。

「これは処分できる?」「これは買取できる?」など、ご質問があれば気軽にお電話、メール、LINEで承っております。

まとめ

カラーボックスは解体すれば自治体の可燃ごみや資源ごみ・粗ごみとして無料で処分することができる場合がありますが、そのままの状態であれば粗大ごみとして処分するになります。

小型のカラーボックスであれば、そのままの状態でも自治体の粗大ごみ収集を利用できますが、大型のカラーボックスは対応していないことがあります。

エコトラでは、小型・大型問わず、どんなカラーボックスも回収に伺います。

ご不明点があれば、気軽にお電話、メール、LINEよりお問い合わせください。

西日本
不用品回収業者を選ぶなら

不用品回収業者のイメージ画像

私たちエコトラは、西日本で不用品や粗大ごみ処分でお困りのお客様より、おかげさまで多くのご依頼をいただき、ご好評いただいております。

不用品の搬出から回収まで
まとめて引き受けます!

大きくて重い不用品や粗大ゴミの運び出しから回収まで、一貫して行います。面倒な分別の必要もございません。また、オプションサービスとして、お部屋の清掃や家具の移動、倉庫の解体など、お住まいのお困りごとも、まとめて承っております。どんなことでもお気軽にご相談ください!

年中無休で土日祝日も対応
お時間の指定も可能です!

休日こそ不用品回収やお片付けが必要なのではないでしょうか。わたしたちは土日祝も休まず営業しております。お時間のご指定も可能です。ご予約は先着順になりますので、特に月末や繁忙期は、日にちが近いとご希望に添えない場合もございます。出来る限りお早めのお問い合わせ、ご予約をおすすめしております。

事前に料金をご提示し
ご納得のうえ作業します!

わたしたちはお客様に安心してご利用いただけるよう、必ず作業前に見積もりをとっております。もちろん料金に折り合いがつかない場合は、お断りしていただいても構いません。無料回収を謳い、荷物を積み込んだ後に法外な料金を請求する悪徳業者にくれぐれもお気をつけ下さい。

運営責任者の写真
運営責任者上野

西日本で不用品回収業者を選ぶなら、ぜひエコトラにおまかせください!

見積り・下見だけでもOK
お気軽にご相談ください

お客様イメージ
お客様

料金相場や、対応可能か。ちょっと聞いてみるだけでも大丈夫ですか?

エコトラスタッフのイメージ
エコトラ

はい!大丈夫です。お片付けに関するお困りごとなら何でもお気軽にお問い合わせください!

各種キャッシュレス決済対応

visaのロゴ
masterのロゴ
jcbのロゴ
amexのロゴ
dinersのロゴ
paypayのロゴ

おすすめ記事

記事のサムネイル不用品回収

2023年04月06日

タブレットを処分する4つの方法とは?初期化の方法も解説

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

本や教科書を処分する方法を不用品回収業者が紹介します

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月18日

パーティション(パーテーション)の処分方法と処分時の注意点

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

電子タバコや加熱式タバコを処分する方法・回収サービスは?

記事のサムネイル不用品回収

2023年09月01日

物置を処分する方法・業者に撤去を依頼するのがおすすめ

記事のサムネイル粗大ゴミ回収

2022年03月12日

ベッドを処分する方法は?搬出方法も解説!